退屈知らず!猫ちゃんが喜ぶおもちゃの種類は?

未分類

たくさんあってなにがなんだかわからない・・・
そんな猫ちゃんのおもちゃの種類についてまとめます。

まずはこちらの一覧をご覧ください。

  • 猫じゃらし系
  • ひも系
  • ボール系
  • けりぐるみ系
  • 電動系
  • チューブ系
  • キャットタワー系

大まかに分類するとこのような種類になります。

ねこナビ
ねこナビ

一つずつ特徴を見ていきましょう

猫じゃらし系

棒の先端にリボンやカシャカシャ(フィルム)等が付いている、「猫じゃらしに似ている形」が基本スタイル。
比較的飽きにくい形です。

ただ、遊ぶ側のテクニックがないと、全く猫ちゃんが食いついてこない場合もあります。

テクニックについては、編集部のSATOが紹介しているので、こちらも併せてごらんください。

猫カフェでも視線総なめ!猫ちゃんとの遊び方のコツ
ねこひげパークイチの猫好き、SATO(サトー)が猫ちゃんとの遊び方を教えます。 ...

ひも系

棒の先端に紐が付いていて、その先に鳥の羽やカシャカシャ(フィルム)等が付いている「棒+ひも+???」が基本。
紐が付いている分猫ちゃんが走り回れるので、遊ぶ側があまり動かなくてもよいのが特徴です。

そこまでテクニックがなくとも、動かしてみさえすれば比較的猫ちゃんが食いつきやすいのも◎

ボール系

猫ちゃんがくわえやすいように、小さめなのが特徴です。

コロコロ転がるボールタイプ、ネズミ等の動物を模したアニマルタイプがあります。

けりぐるみ系

猫ちゃんががっしり組み付いて、足でけりけりするけりぐるみ。
中にはキャットニップ(イヌハッカ)など、猫ちゃんが好きなにおいがするものが入っていたり、蹴るとカサカサ音がするようにカシャカシャ(フィルム)が入っていたりします。

子猫のほうが遊びやすい、と言われていますが、編集部のメンバーが飼っている大人の猫ちゃんもけりぐるみで遊んでいるようなので、個体差があるというところかもしれません。

エビの形をしていたり、贈り物としてもかわいいです。

電動系

遊び盛りの猫ちゃんに飼い主が構いきれない時に大活躍する電動系の猫のおもちゃ。

猫ちゃんが飽きやすいのは仕方がないところです・・・。

レーザーポインタや、自動でおもちゃが動くタイプなどがあります。

チューブ系

チューブ系は猫ちゃんが中に入って遊べるおもちゃです。
置き場所をとるのが玉に瑕ですが、猫ちゃんの隠れ家としても使えるので汎用性は高いかもしれません。

チューブ系と猫じゃらし系を組み合わせて遊ぶと、GOODです。

キャットタワー系

こちらも、チューブ系と同様に場所をとるのがデメリット。
ですが、猫ちゃんが自分でキャットタワーによじ登って遊ぶので、飼い主さんが遊ぶ必要はありません。
また、キャットタワーで寝る猫ちゃんもいて、「画として」もかわいいです。

ただ、獣医さんによればあまり高いキャットタワーを設置してしまうと、猫ちゃんが飛び降りてしまい足を痛めてしまうおそれがあるとのこと。
キャットタワーを設置した時は猫ちゃんが慣れるまで、目を離さないことが重要だそうです。

まとめ

猫ちゃんが喜ぶおもちゃの種類について紹介しました。

  • 猫じゃらし系
  • ひも系
  • ボール系
  • けりぐるみ系
  • 電動系
  • チューブ系
  • キャットタワー系

ねこひげパークでは、以上のおもちゃを中心に紹介していきます。

コメント